中沢新一

1 :神も仏も名無しさん:2018/08/21(火) 03:33:13.38 ID:EX1VwDhX.net
中沢 新一(なかざわ しんいち、1950年5月28日 – )は、日本の人類学者、思想家、宗教学者。
元中央大学総合政策学部教授。
明治大学特任教授/野生の科学研究所所長。
多摩美術大学美術学部芸術学科客員教授。

「宗教から経済、科学から芸術にいたるまでの広大な領域でおこっている心の活動」をみずからの研究主題として、超域的観点から人文諸科学の知を再編成することを目指す人類学者。
クロード・レヴィ=ストロース、フィリップ・デスコーラ、ジャック・ラカン、ジル・ドゥルーズ等の影響を受けた現代人類学と、南方熊楠、折口信夫、田邊元、網野善彦等による日本列島の民俗学・思想・歴史研究、
さらに自身の長期的な修行体験に基づくチベット仏教の思想研究などを総合し、「対称性人類学」という独自の視点に基づく人類学を提唱する。
NHKで放映された『NHKスペシャル チベット死者の書の脚本も担当し、評判を呼んだ。

2 :神も仏も名無しさん:2018/08/22(水) 16:33:55.55 ID:PYA7Tc8G

自ら「グル」になろうとした中沢新一ら研究者たちの罪と罰
http://www.cyzo.com/2011/08/post_8361_entry.html

3 :神も仏も名無しさん:2018/08/24(金) 01:40:39.52 ID:7a/Kage+

中沢新一は東京大学文学部宗教史学科で柳川啓一のゼミに所属。
ゼミでの柳川は、宗教の中心にあるのは、人は儀礼において「聖なるもの」を体験することで子どもから脱して大人になることができるという「イニシエーション」であるとしており、宗教学者は本を読むだけでなく、イニシエーションを直接体験しなければならないと主張、
柳川ゼミでは、聖なるものを体験させてくれる宗教を見つけて「潜り込み」調査をする、自ら信者になって体験するということが行われていた。
柳川啓一は、島田裕巳の指導教官でもあり、東京大学文学部宗教学研究室では、中沢は島田の先輩にあたる。

4 :神も仏も名無しさん:2018/08/24(金) 08:54:28.70 ID:BHSikO5L

>>3
胡散臭い奴等だな。

5 :人魚姫さくら :2018/08/24(金) 11:29:41.14 ID:qFOFei/G

今さら中沢なんて。
もう数十年前の昔の人。
よってスレ終了。
今、人気ないでしょ、スレ主は中沢関係のビジネスで利益あげたいわけ?

6 :神も仏も名無しさん:2018/08/27(月) 23:27:47.93 ID:gj7Pl+nD

中沢新一はこれからの人だよ

7 :神も仏も名無しさん:2018/08/31(金) 09:38:45.28 ID:aH0IzX9N

支持が広がらない理由 どなたか教えて下さい

8 :神も仏も名無しさん:2018/08/31(金) 21:14:21.49 ID:j6O3todW

>>7
オウムに肩入れしたからだよ。

9 :神も仏も名無しさん:2018/09/01(土) 09:40:46.20 ID:iUkMLnlA

そんなん今の若い世代は知らないでしょ

10 :神も仏も名無しさん:2018/09/01(土) 15:17:29.65 ID:xPnpKg3s

チヅヲが〆られたことについて何かコメント出したん?

11 :神も仏も名無しさん:2018/09/11(火) 17:54:54.57 ID:B4ghF/7s

島田の下には居たくない

12 :神も仏も名無しさん:2018/09/11(火) 18:58:27.22 ID:QUDqQNzi

俺は中沢と対話したい(無理だろう笑)

13 :神も仏も名無しさん:2018/09/11(火) 23:22:10.77 ID:lA9sOV+F

オウム擁護

島田裕巳は断罪されて
中沢新一はなぜか大してお咎めなし

この差は何なの?

14 :神も仏も名無しさん:2018/09/11(火) 23:30:45.65 ID:zQsAA0lb

>>13
島田の方が(顔面)偏差値が低いからだと思う。

15 :神も仏も名無しさん:2018/09/11(火) 23:58:34.24 ID:RF/n2+1q

中沢と同じ旗頭だった浅田彰が本をすぐに書かなくなったのが残念。
吉本隆明も死んでけっこうたつもんなあ。
ニューアカブームも1990年代までだし・・・

16 :神も仏も名無しさん:2018/09/12(水) 00:05:55.89 ID:1ZXaEfHq

ボスト構造主義の立場から宗教体験を語っても、オウム信者からは粉飾の核になってる部分が丸分かりなんだろ。
坂本事件の頃、オウム擁護に回ってしまったミスは、中沢がしょせん坊っちゃん育ちで、育ちの悪い松本智津夫の思考の根底まで見抜けなかったんだろ?

17 :神も仏も名無しさん:2018/09/12(水) 00:10:11.24 ID:1ZXaEfHq

中沢と同じ山梨出身の林真理子によると、中沢さんは旧家の坊っちゃんだそうな。
父親の中沢厚のテーマの丸石神研究を自分の本に入れてる本意って?

18 :神も仏も名無しさん:2018/09/12(水) 00:13:09.77 ID:1ZXaEfHq

その昔、阿含宗の桐山さんが中沢さんを後継者にしたがってた時期があるって本当?

19 :神も仏も名無しさん:2018/09/12(水) 00:24:05.00 ID:1ZXaEfHq

南方熊楠について、中沢の本は表現がスマート過ぎる。水木しげるの「猫楠」の方が生の熊楠っぽい。

20 :神も仏も名無しさん:2018/09/12(水) 00:34:18.05 ID:Q1nW6+dx

レーニンに関する本は、まさに「マルクスその可能性の中心(柄谷行人)」の中沢版
新左翼から見れば、悪意の本らしい?

21 :神も仏も名無しさん:2018/09/12(水) 00:37:36.73 ID:Q1nW6+dx

父親の研究テーマをまとめる良い子の中沢新一氏。
一方の松本智津夫さんは、父親について苦い思いしかないんだから・・・

22 :神も仏も名無しさん:2018/09/12(水) 00:40:49.96 ID:Q1nW6+dx

吉本隆明は、「言葉の沃野」の中でさりげなく中沢さんを皮肉ってるよ。
この微妙な本作りに気づいているのは俺だけでないのか?

23 :神も仏も名無しさん:2018/09/12(水) 01:29:42.25 ID:oZzrigUI

丸石神のテーマ曲は、姫神の「峠」がピッタリでんな。

24 :神も仏も名無しさん:2018/09/13(木) 20:22:28.08 ID:/2QwEsoH

>>22
吉本隆明の言葉の沃野の中の江藤淳の中野重春に関する批評と中沢新一への批評は、父親に関する件で通底していたような気がする。

25 :神も仏も名無しさん:2018/09/13(木) 20:25:41.17 ID:/2QwEsoH

やはり30才近くまで親の世話になりっぱなし・・・というのは、うらやましくもアリマスな。中沢新一氏のことよ。

26 :神も仏も名無しさん:2018/09/13(木) 20:43:17.06 ID:UFQNj9d0

丸石というと、荒俣宏の深沢七郎の死に方に関する文章を思い出す。
中沢も同郷の深沢七郎について、その川筋気質を肯定的に書いてるね。
それが日本史における「悪党的思考」につながり、オウム事件にもいやが上にもつながってしまう訳だな。

27 :神も仏も名無しさん:2018/09/13(木) 21:59:54.27 ID:SE6UWC4q

深沢七郎の死ぬ前後にもフシギが何かとあったとか。

28 :神も仏も名無しさん:2018/09/13(木) 23:43:03.43 ID:KQjFREE/

保元の乱、平治の乱、226事件、オウム事件エトセトラエトセトラ

29 :神も仏も名無しさん:2018/09/15(土) 09:15:03.69 ID:JTH/ORLk

>>25
新仏教の鎌田東二との対談で、ケツンサンポグルに出家を進められたけど、逃げ帰ってきたとある。
ダライ・ラマも出家に肯定的でないらしいけど、オウムを肯定するのは半端な立場で無責任であったな。

30 :神も仏も名無しさん:2018/09/19(水) 00:11:05.59 ID:GvhVbppn

このスレは頭の悪い奴が立てたので、もてあまし気味だったのを少しはマシにしてやったら、ウイルスを仕掛けて腹いせしてくる。
愚か者はどこまでいっても愚か者だ。
最近、宗教板に不自然な全然宗教らしくないタイトルのスレがボウフラのように急増してるが、もしや???

33 :神も仏も名無しさん:2018/10/02(火) 02:56:28.27 ID:a7HNCv20

>>29
「ブッダの方舟」で、宮崎信也(中沢の弟子にして、真言宗の住職。オウム世代でもある)が、原始仏教の僧伽のありかたについて推理してる。
釈迦の弟子たちは、修行の専門家ではなく、半ば仕事についていたという説。

35 :神も仏も名無しさん:2018/10/02(火) 03:06:22.05 ID:a7HNCv20

文化人類学そのものを否定していた外国の学者が昔いたけど、誰だったかいな?
そもそも日本の民俗学の柳田國男ですら、当初は学問として認められていなかったんだから。

38 :神も仏も名無しさん:2018/10/03(水) 01:41:12.37 ID:1JZXp6wr

スキゾとパラノ
ポスト構造主義はスキゾ型の未来を志向していた。
中沢のオウム批判はパラノ型のオウムの時代への遠近法が転倒してある点にあった。
一神教なんて、いかにもオウム内部に長年いた奴の視野でしかない。

39 :神も仏も名無しさん:2018/10/03(水) 01:45:10.16 ID:1JZXp6wr

深沢七郎なんてのもパラノ型でないの?
生きた化石気質に同調する仕方も胡散臭い。

43 :神も仏も名無しさん:2018/10/11(木) 05:57:49.53 ID:JJTl42Vh

そういや「火花」と言えば、エックハルトの表現もあるし、中沢の「チベットのモーツァルト」のウィルソン霧箱の喩えもあるよな。

44 :神も仏も名無しさん:2018/10/11(木) 06:10:13.54 ID:JJTl42Vh

片目の魔王・・・北一輝のアダ名らしい。
一方の目は外部に向けられ、もう一方は内省に・・・とでもいうか、
このアダ名に向いた人物が、最近までいたね。

45 :神も仏も名無しさん:2018/10/17(水) 15:55:15.68 ID:6GZUqA0E

南方マンダラの使い方の可能性
ああした複雑なものを使いこなせる人間がいても、物作りする人間にはしょせん敵わないのではないか?

49 :神も仏も名無しさん:2018/10/19(金) 00:47:39.36 ID:uoy47boW

パラマハンサ・ヨガナンダの「あるヨギの自叙伝」にも登場するスーパースターのマハーアヴァター・ババジ。
ヨガナンダの師匠スリ・ユクステワが出会っても、地元インドの人々にさえ
「高山の酸欠のせいで見た幻覚だろう」
呼ばわりされてた。
ヨガナンダの本は単なる神話作りのロマンなのか?

55 :神も仏も名無しさん:2018/10/21(日) 18:58:39.23 ID:PiyAx0GC

前生でカンガルーだった中沢師

58 :神も仏も名無しさん:2018/10/26(金) 06:28:42.95 ID:gTm/JHJM

フラクタルという語を数学以外で使用した中沢さん。
これもカルトにつながる発想ではあるねん。
粗雑次元物質世界以外のアストラル世界の存在をほのめかしているんだから・・・・

59 :神も仏も名無しさん:2018/10/26(金) 06:34:46.75 ID:gTm/JHJM

モーツァルト作品を手掛けることの多い、とあるヨーロッパのマエストロとTV対談してた中沢氏。
モーツァルトを主として演奏して、他の作曲家作品を手掛ける時、
「渦を巻いているのです。大きな渦小さな渦。・・・・・・」
てな具合に、中沢の思潮表現に合わせてきたマエストロ。

61 :神も仏も名無しさん:2018/10/26(金) 06:45:31.60 ID:gTm/JHJM

ゲームフリークスはバグを繰り返す・・・という初期テレビゲームの論理構築世界に潜むバグシーンに、グレゴリーベイトソンのWバインド理論を人間の内面に重ねる中沢氏。
禅宗仏教のメカニズムの暗示。

62 :神も仏も名無しさん:2018/10/27(土) 16:24:31.01 ID:GHmNq9YZ

>>61
チベットのモーツァルトのイントロにもある。
ケツン散歩グルの
「それ(茶碗)は何か?」
という問いかけ。
生活用品が、習慣で認識成立させられているという。
全く異なった文明人ならば、茶碗が違った使われ方をする道具・・・・・・

68 :神も仏も名無しさん:2018/11/04(日) 04:33:02.24 ID:2+WCWIqe

ニンマ派で修行すると中沢さんみたいなキャラと化すらしいな。
あるオウム信者で、有名なヤーさんも前世でニンマ派だったなどと。

71 :神も仏も名無しさん:2018/11/04(日) 21:02:04.15 ID:BdcM6gdM

チベットのモーツァルトは、渡辺和博のベストセラー「金魂巻」でアカ難とレッテル貼りされた。
ニューアカと本の表紙からのイメージだが、旧左翼の埴谷雄高のクロ難、みすず書房の哲本の表紙シロ難に対するニューウェーブとして、最難解本として思想の最前線に躍り出た訳だ。

81 :神も仏も名無しさん:2018/11/09(金) 00:31:55.32 ID:XpAZWo3p

「今に生きる親鸞」を読む限りだと吉本隆明は悪行(例えば殺人)を否定も肯定もしていない。
むしろ、”「どうやったら私は救われるのか」と迷う衆生に対して
「阿弥陀如来を信じて念仏すれば救われる」と親鸞は言っている”という説明を
強調しているだけに思えます。(衆生は悪いことをしたら救われないのではないかと迷っている)
一方で中沢新一の「虹の階梯」は求道心の強さを求める例えがいくつもでてきます。
足を切らせたり、高い塔から飛び降りさせたり
自分の身体を犠牲にしてかえりみないほどの心構えを求めるお話がでてきます。
ただこれは殺人を肯定しているのではなくあくまで求道心の強さを計っているだけで
マシなレベルです。>>65の殺人を肯定する程の論理は虹の階梯にはでてこないです。
秘密集会タントラレベルのお話は中沢新一の著作には出てきませんが本人は隠し持っているのではないかと思います。

85 :神も仏も名無しさん:2018/11/09(金) 02:06:41.56 ID:sGzmwdnb

吉本隆明の「重層的な非決定へ」は、吉本自身のその年代における博物学的思想であって、相当な深さを抱えた労作だろう。
多方面に及ぶ思考。

91 :神も仏も名無しさん:2018/11/09(金) 18:15:00.80 ID:qrLXCmaI

神を死なせたニーチェと人間を消滅させたフーコー

95 :神も仏も名無しさん:2018/11/10(土) 00:31:28.33 ID:JQsKs9KJ

チベット死者の書ってなんなんですか?

100 :神も仏も名無しさん:2018/11/10(土) 20:27:48.66 ID:TC+XXAjZ

野生とはグロテスクでもある。
白土三平の残酷劇画を見てる比較すると、中沢の「悪党的思考」がやけにキレイゴトそうに暴力シーンを描写しているように感ずる。

264件をまとめました。
最新情報はこちら

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。