トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

最新のヲタ語「バブみ」って何??

   

babumi1

最新鋭のヲタ用語に、バブみというものがあります。
「ガンダムに出てくるララァにバブみを感じる!」
というような使い方をするそうです。

バブみの意味は、通常年上の女性に求める母性を、
年下の女性に感じることを言うそうです。

例えば、中学生時代に先輩の女子生徒というのはずいぶんと大人びて、
お姉さんっぽく思ったものですが、
その印象は成人してからも強く脳裏に焼き付いており、
当時の先輩よりもはるかに自分の方が年上になったのに、
当時に戻って、当時のままの先輩に甘えたい、
という感情に似たようなものでしょう。

babumi2

スポンサーリンク

そしてもう一点、萌えアニメなどの創作物には、
そもそも高校生くらいまでの年齢の女性しか登場しない場合もあるのです。
その場合は、もっとも母性のあるキャラクターをであっても、
年齢は高校生なのですから、
必然的に年下であっても、
そのキャラクターに甘えたいという
欲求が沸いてくるのも無理はありません。

バブみ、などという前衛的な表現がゆるされているのであれば、
我々は自由な発想で
様々な新語を誕生させることができそうです。

例えば、「ブバみ」。
皆さんはケチャップはお好きですか?私は好きで、
よくオムレツにかけたりするのですが、
気がついたら、チューブの中にケチャップの
赤い塊はほんの少ししか残っていないという事態に陥っており、
おしてもおしても出てこない・・・。

babumi3

ということが、よくありますよね。
その時には、ケチャップの蓋をしっかり締めたのを確認してから、
ふたが外周に向くようにケチャップの容器のお尻をつかんで、
ダルビッシュや田中マークンになった気持で、
思いっきり投球フォームで振るのです!

スポンサーリンク

もちろんこの時、ケチャップを掴んだ手を離してはいけませんよ。
150kmの速球が、あなたのキッチンやリビングに襲いかかってしまいますからね!

さて、振ったケチャップを観察してみてください。
容器の尻の方にたまっていたはずのケチャップは、
遠心力(最近の科学ではあまり使わない言葉で、
慣性の法則の一環という扱いをされることが多いようですが、)
によって、ふたの近くへと移動しているはずです。

さぁここまで来たら後は、オムレツに向けて容器を押すだけです。
しかし実はこの時、ケチャップの塊自体も、
内的なエネルギーが高まった状態にありますので、
いつもと比べて勢いよくケチャップは噴射され、
「ブバッ!」という強烈な音が発せられるのです!この様子を、
ブバみと名づけようではありませんか。

     
スポンサーリンク