トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

清原逮捕で思わぬ余波・・西武伝統のチャンステーマ2はどうなる?

   

 

「名物応援歌」への影響は避けられない?

kiyohara4

清原和博容疑者が覚せい剤所持で逮捕されて
1か月ほど経ちますが、
開幕を控えたプロ野球界に大きな影を落としています。

そして、その余波は思わぬ形で
清原選手が現役生活の半分を過ごした
西武の応援にも及んでいます。
※私はここで純粋に選手時代の清原容疑者の話をしたいので、
「清原選手」と呼ぶことにします。

清原選手の逮捕で影響が及びそうなのが、
西武応援団がチャンス時に演奏する「チャンステーマ2」。
この応援歌、
何と元々は西武時代の清原選手の応援歌だったのです。

seibuouenn3

なぜ今も使われているかというと、
清原選手がFA宣言で巨人へ移籍した後も、
その勝負強さにあやかろうということでチャンス時に演奏されるそうです。

応援団の動き方も個性的で、
右に左に大移動してはジャンプを繰り返す
ユニークな応援スタイルです。

球場や混雑具合によっては全く動けない場合もあるのですが、
外野席が芝生の西武ドームでは、
外野席一体で大移動が行われる光景が名物となっています。

西武ライオンズ チャンステーマ2

スポンサーリンク

常勝西武の記憶を刻んできた名曲

seibuouenn1

「光り輝く日はまた昇る 燃える男だチャンスに強いぞ○○(選手名)」

・・・口ずさんだだけで格好良い歌詞ですね。

この応援歌が清原選手のものだった頃(1986~1996年)
の西武はリーグ優勝8回、日本一6度と
圧倒的な強さで黄金期を迎えていました。

しかも、清原選手は黄金期のチームの4番打者です。
そのため、当時西武の対戦相手だった投手の多くが、
この応援歌を聴くと恐ろしい思い出がフラッシュバックすると言います。

それだけ人々の印象に残る応援歌ですので、
今回の逮捕を機に使われなくなってしまうのではないか?
という疑惑が密かに話題となっています。

西武の公式応援団からの発表はありませんが、
一般的にイメージが悪いですし、
使われなくなる可能性が大いにあるのは間違いないでしょう。
私個人としては本当に寂しい限りなのですが、、、
1993 清原 和博 長時間滞空弾 第25号 ホームラン 西武 ライオンズ
https://www.youtube.com/watch?v=36K09nejTeI

スポンサーリンク

意外と多い応援歌の流用

seibuouenn4

実は、清原選手に限らず
退団した選手の応援歌が流用されるのはよくあることです。

同じ西武でも、黄金時代の主砲秋山幸二選手の応援歌が
同じ背番号1の栗山選手に、
通算で350本塁打を放った最強助っ人カブレラ選手の応援歌が
外国人選手のチャンステーマとして使われています。
埼玉西武ライオンズ 秋山幸二応援歌(栗山巧チャンステーマ)


【西武ライオンズ】メヒア 応援歌(カブレラ流用) 歌詞付き

他球団では、
楽天で本塁打王を獲得した山崎武司選手の応援歌が、
以前活躍していた中日時代の応援歌をそのまま流用したものでした。

     
スポンサーリンク