トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

オコエだけじゃない!将来有望なハーフ系選手

   

 

ハーフ系選手の日本人離れした身体能力

okoe4

昨夏の甲子園、そして2016年注目のルーキーといえば
楽天イーグルスのオコエ瑠偉選手。
ナイジェリア人の父を持つハーフ系選手で、
高い身体能力を生かした守備・走塁は
今すぐ1軍でも通用すると言われています。

オコエ選手は吸収力も高く、1軍キャンプ初日では
ボールが全く前に飛ばなかったのが、
コーチの指導と必死の努力でオープン戦では快打を連発しています。
話題作りではなく、実力での開幕一軍が期待できますね!

ところで、ハーフ系選手の高いパフォーマンスには
目を見張るものがあります。

古くは、メジャーで活躍するダルビッシュ有投手も
イラン人の父親を持つハーフ系選手です。
日本プロ野球では日本ハムの絶対的エースとして沢村賞受賞、
メジャーでもレンジャーズのエースとなり、
サイ・ヤング賞候補にもノミネートされました。

darbissyu1

近年活躍が目立つハーフ系選手ですが、
今回はオコエ選手以外にも若手の有望株として期待されている
ハーフ系選手に注目してみましょう。

スポンサーリンク

プロ初安打がホームラン!将来の4番候補 ルシアノ・フェルナンド(楽天)

ferunanndo1

ルシアノ・フェルナンド選手は、
楽天イーグルスに所属する2年目の外野手です。
両親が日経4世のブラジル人で、5歳までブラジルで育ったそうです。
そのため、日本語のほかにブラジルの公用語である
ポルトガル語、スペイン語、英語を話せるとか。

選手としての特徴は、とにかく長打力が魅力です。
白鴎大学では、1年次からクリーンアップを任され、
リーグ記録にあと1本と迫る17本塁打を放ちました。
因みに、同大学の先輩には後に
楽天でチームメートになる岡島豪郎選手と、
ソフトバンクの塚田正義選手がいます。

tukada1

プロ入り後は1年目から1軍の試合に出場し、
2015年6月3日のヤクルト戦で
プロ初安打がホームランという派手なデビューを飾りました。

ヤクルトのバレンティン選手が憧れのようで、
フォームとスイングもよく似ています。
長距離打者の少ない楽天期待の4番候補です!

【楽天イーグルス2015】フェルナンド選手 プロ初安打初HR

スポンサーリンク

昨季は52試合に出場、今季はレギュラーへ!乙坂智(横浜DeNA)

otusaka1

乙坂智選手は地元横浜高校の出身で、
アイスホッケー選手だったアメリカ人の父を持つプロ5年目の外野手です。
2軍の試合が終わった後に1軍の試合を観に行くほどの
研究家・大の横浜ファンであり、着実に力をつけています。
※横浜高校に進学したのもチームメートである筒香に憧れてらしいです。

広角打法と俊足が武器で、
2015年は1軍で52試合に出場しました。
特に、8月は一時センターのレギュラーとなり、
阪神のメッセンジャー投手から
逆転のホームランを放つなど、長打力もあります。
昨シーズンの経験を糧に今シーズンはレギュラーを狙います!

DeNA乙坂智 メッセンジャーから逆転の3ランホームラン 2015年8月7日 横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガース

ケガに苦しむも、高い潜在能力 宗佑磨(オリックス)

munerin1

最後に紹介したいのが、オリックスの宗佑磨(むね ゆうま)選手です。
ギニア人の父を持つ2年目の外野手で、昨シーズンはケガもあり
2軍でも16試合の出場に留まりました。

しかしながら、打率.333(21打数7安打)と打撃センスの片りんを見せ、
ケガが完治した今季は更なる飛躍が期待されます。
50m走5秒8の俊足と、投手としても141kmを投げた強肩の持ち主ですので、
将来的にはチームの主軸である糸井選手のような活躍に期待です!

2013年春 横浜隼人・宗佑磨(2年)vs.松井裕樹(3年)

     
スポンサーリンク