トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

ココリコ 遠藤章造にプロ入りを諦めさせた、ある元有名プロ野球選手

   

毎年末にケツをシバかれる芸人も、高校時代はプロ注目の選手だった

enndou4

ココリコは、大阪の豊中4中で野球部で同級生だった
田中直樹さん(ボケ)と遠藤章造さん(ツッコミ)によるコンビ芸人です。

今回は、ツッコミ担当遠藤さんの知られざる高校時代と
ある有名元プロ野球選手との
数奇な運命についてスポットライトを当ててみましょう。

遠藤さんについて、私の個人的なイメージは、
日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
笑ってはいけない○○~」での1コマ。
笑いをこらえきれず、
強烈にケツをシバかれている光景が真っ先に浮かびます。

enndou6

また、タレントであり実業家の千秋との離婚、
更には関根勤の元マネージャーとの再婚など、
何かと色恋沙汰が多いイメージです。

しかし、そんな遠藤さんも高校時代は白球を追いかける球児でした。
しかも、ただの高校球児ではなく、
中学3年時点で高校野球の名門7校からオファーがあり、
中日や広島のスカウトが視察に来るような、プロ注目の選手でした。

*中学3年の遠藤さんにオファーを出した高校は、
当時最強と言われた上宮高校を筆頭に、
名門校がズラリと並びます。

・上宮高校(大阪)
・近畿大学付属高校(大阪)
・北陽高校(大阪)
・神港学園高校(兵庫)
・報徳学園高校(兵庫)
・天理高校(奈良)
・寒川高校(香川)

スポンサーリンク

なぜ、香川の寒川高校へ?

地元の名門校から多数オファーがあった当時の遠藤さんですが、
香川県の藤井学園寒川高校へ野球留学します。

当時の香川県の高校野球勢力図は、
尽誠学園と高松商業が対をなし、
坂出商業が食い込むといった感じで、
寒川高校は「強豪校」のカテゴリーにすら入っていませんでした。

しかし、寒川高校も部活動の強化に乗り出し、
遠藤さんはちょうど同校野球特待生の第1期生だったのです。
また、甲子園へ行くのに全国でも随一の厳しさを誇る関西圏よりも、
甲子園に行きやすい香川県を選んだのも理由として考えられます。

遠藤が野球を諦める決め手になった、元有名プロ野球選手

enndou3

寒川高校に進学した遠藤さんは、
ピッチャーなどを務めながら瞬く間に中心選手となりました。

前述した通り、プロのスカウトも足を運びに来るような活躍で
高校3年時にはキャプテンにもなりました。

しかし、順風満帆に思えた高校野球生活も、
遠藤さん擁する寒川高校が甲子園に出場することは遂に叶わなかったのです。
※甲子園初出場が実現するのは、遠藤さんが卒業した20年後

高校3年の遠藤さんが出場した最後の県予選大会で、
寒川高校を阻んだのは強豪の尽誠学園でした。
当時の尽誠学園との力の差は激しく、
寒川高校はリードを許す苦しい試合展開でした。

話が少し逸れますが、
身長166㎝と、高卒のプロ野球選手としては
指名されづらい身長だった遠藤さんは、
大学野球を経由してプロに行くべきか?

卒業して就職するべきか?悩んでいました。
そこで、高校最後になるかもしれない試合の
「最終打席」である決心をします。

「ここでヒットを打てたら、大学へ進学する」

スポンサーリンク

並々ならぬ決意で打席に入った遠藤さんは、
相手投手の直球をジャストミートし、
センターへ強烈なライナーを放ちます!

しかし、手応え十分・ヒットと確信した打球は次の瞬間、
ダイビングキャッチした相手センターのグラブに収まりました。

無情にも大歓声が沸き上がる中、遠藤さんの大学進学、
そしてその先のプロ入りの道は断たれたのです。
その後、野球を諦めた遠藤さんは、
田中さんと共にココリコを結成します。

驚きなのは、遠藤さんの最後の打球をキャッチしたのが、
当時高校2年生で、
後にオリックス・巨人で活躍した谷佳知選手だったのです。

enndou5

たらればの話は野球にはよくあることですが、
谷選手のファインプレーが無ければ、
ココリコは生まれていなかったのかもしれません。

     
スポンサーリンク