トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

精神面・体力に課題も、ソフトバンクドラ1 高橋純平は伸びしろバツグンの素材!

   

最後の甲子園は逃すも、高校日本代表に選出

 

takahasijyunnpei1

ソフトバンクホークス 高橋純平投手は
岐阜県出身の高卒ルーキーです。
県立岐阜商業時代は「高校ナンバーワン投手」と評され、
3年春の選抜大会でも3回戦まで進出しました。

最後の夏は左ふくらはぎの肉離れで
打者7人の登板しかできずに県予選で敗退しましたが、
秋に行われた高校野球の世界大会で日本代表に選出されました。

2015年のドラフト会議では3球団競合の末、
ソフトバンクホークスに入団。
背番号は工藤監督が現役時代に背負っていた47に決まりました。
端正なルックスも人気の投手で、
将来的にチームの看板選手になることを期待されています。

スポンサーリンク

岩隈、和田らパリーグのエースに共通する能力の高さ

高橋投手の魅力は、MAX152kmのストレートに
スライダー、100km台のカーブを交えた緩急のある投球です。
また、私が個人的に注目しているのが四死球の少なさで、
選抜甲子園では通算26イニングで四死球3個(1試合当たり1.04個)と、
コントロールの良さも魅力的だと感じています。

速球ばかりが取り上げられていますが、
タイプ的にはマリナーズの岩隈久志投手や
今年からホークスに復帰した和田毅投手のような
コントロールと変化球のコンビネーションで
勝負できるタイプの投手だと思います。

理由は元々の制球力の良さに加え、
スライダー・カーブと変化球でもストライクが取れる点、
さらに平均球速が130km台に落ちた試合終盤でも
ストレートで空振りを取れている点があげられます。

特に、ストレートが空振りしたバットの上を通過するほど
よく伸びていて、回転数が凄いです。
これは、かつて120km台の直球で
甲子園出場校相手に次々と三振を奪っていた
和田毅投手にも共通する要素で、
プロでも大きな武器になることでしょう。

立ち上がりの変化球の精度とスタミナ面が課題とされていますが、
育成が充実しているソフトバンクでなら改善が期待できそうです。
県岐阜商 高橋純平(3年春)

噂の彼女は?精神面での課題も

takahasijyunnpei4

将来が楽しみな高橋投手ですが、一つ心配なのが精神面。
というのも、ツイッター上でかなり幼稚な発言が目立つのです。

また、定かではありませんが、
U-18日本代表の期間中に彼女と会っていたいう噂も。

多感な高校生らしいと言えばそうですが、
今後プロの選手として公に見られる立場になる以上、
精神面での成長も必要かもしれません。

スポンサーリンク

プロの体力をつけて1軍の大舞台へ

 

takahasijyunnpei3ソフトバンクに入団後の高橋投手は、
現在2軍のオープン戦に帯同中です。

1月の新人合同自主トレ初日で
左すねを痛めてしまった影響で
別メニュー調整が続いていたため、
デビューは少し遅くなりそうです。

ですが、ソフトバンクは3軍制を敷いているため、
実践経験を多く積むことができます。
課題と言われている体力をしっかりつけて、
プロのマウンドで高橋投手が
見られる日を楽しみにしたいと思います。

     
スポンサーリンク