トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

真木よう子専業主夫の夫を切る?

      2015/10/31

専業主夫として結婚?

女優の真木よう子さんが離婚した。
事務所から送られたファックスには
離婚原因は書かれてなかったが
「すれ違い」が原因のようだ。

しかし、夫の元俳優の片山怜雄さん(33)は
結婚時に俳優業をやめ、女優で活躍する
真木さんの家事と育児をする専業主夫状態で
あったのにもかかわらず「すれ違い」とはどういうことなのか?

真木よう子プロフィール

makiyouko1

スポンサーリンク

生年月日: 1982年10月15日(32歳)
出身地: 千葉県印西市
身長: 160cm
活動期間: 1999年~
事務所: フライングボックス

4人兄弟の中で娘1人で育ったため性格はオスらしい。
中学3年生の時に「無名塾」入りを両親に嘆願するも
大反対に合う。しかし「反対するなら、援助交際してやる!」と
親を脅し、芸能界入りの許可を得る。

仲代達矢主宰の俳優養成所「無名塾」にも
1000人の中から5人の合格者に選ばれて
晴れて入塾。二年目にして無名塾公演『どん底』で
重要な役どころであるナターシャ役に大抜擢され、
半年間の旅公演に回る。

しかし、少しでも稽古を
多くしたいと思い合宿で日課となっていた早朝の持久走を早くすませ
発声練習を集合場所でしていたところ、仲代代表にサボったと
思われて大激怒される。真木さんは反論したものの
これがきっかけでやめることとなる。

その合宿以来、仲代とは会っていないが、2013年7月、
仲代さんが報知新聞社のインタビューで
「真木さんにいつか会うときがあったら『おめでとう』と伝えてくれないか」と
取材者にメッセージを託した。
それに対し、真木さんは第38回報知映画賞表彰式で
「無名塾でお芝居の面白さとか、役者の面白さを全部教えてもらった。
いつかごあいさつができる日が来たら……『ありがとうございました』
ときちんと言いにいきたい」と発言する。

片山 怜雄プロフィール

makidannna1

 

生年月日: 1982年4月1日
出身地: 兵庫県西宮市
血液型: O型
最終学歴: 兵庫県立西宮北高等学校
所属事務所: アミューズ(俳優時代)

現在はリリー・フランキーの弟子として小説家を目指している。

結婚生活はすれ違いだったのか?

結婚発表時は片山さんはまだ俳優だったのにもかかわらず
結婚相手は芸能界とは無関係の26歳会社員Aさんと発表された。

イケメン俳優だった片山とのできちゃった結婚では
当時は何か不都合でもあったのだろうか?

結婚後は、俳優業をやめ専業主夫として
炊事、洗濯などの家事をすべてこなし、
子供と一緒にスーパーで買い物をするなどして
育児に奮闘していた。

真木さんは共演者等と深夜まで飲み歩く姿が多数目撃され
家に帰らないこともたびたびあったようだ。

makiyouko2

スポンサーリンク

結婚当時から格差婚と言われていて
いずれ亀裂を生むのではと心配されていたが
主夫業に専念していたなら
バランスのとれた夫婦でなかったのではないでしょうか。

しかし、長女が6歳になり「お受験」をすることとなると
「ひも状態の父親がいるとり、シングルマザーのがいいと
判断したのかもしれない」 という意見もある。

これが事実なら日本人の思考自体が
まだ根強い男社会の思考を持っていてるのでは。
専業主婦のかたを「ひも状態の母親」とは言わないですもんね。

     
スポンサーリンク