トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

白鵬のダメ押しはトラウマが原因?

      2016/05/11

相撲が盛り上がっている

大阪で行われている、大相撲初場所は、
いよいよ終盤戦を迎えようとしています。

全勝の稀勢の里関に、1敗の豪栄道関、
そして2敗の琴奨菊関と、複数の日本人力士が
優勝争いに残っていることから、
先場所の琴奨菊優勝フィーバーの
再来を期待する声が高まっています。

連日の熱戦により、地方場所ではチケットの完売が
難しいとされているにもかかわらず、
すでに全日程の前売り券が売り切れているとることから、
いかに現在の大相撲が盛り上がっているかがわかるというものです。

hakuhoudameosi2

スポンサーリンク

白鵬のダメ押しの問題

さて、今場所は良い話題ばかりで
盛り上がればよいのですが、
残念ながらそうは行かず、
横綱白鵬関のだめ押しが、物議をかもしています。

hakuhoudameosi1

四日目の隠岐の海戦で、明らかに勝負が決まった後に、
隠岐の海関を客席に突き飛ばしていますし、
八日目の嘉風戦では、勝負が決まった後に、
嘉風関の体を、土俵下の勝負審判、
井筒親方に投げとばし、
井筒親方は、骨折により
全治3カ月の診断を受け休場に追い込まれました。

hakuhoudameosi4

このだめ押し以外にも、
以前から白鵬関は立会いのタイミングを意図的にずらし、
相手が一瞬戸惑った時に勝手に立つという、
いわばアメリカンフットボールの反則である
フォルススタートのような
戦術も使用していますし、

テーピングとサポーターを
施した右ひじを武器として使って、
相手の顔面を殴るという、
相撲のルールを根底から覆すような
行為もおこなっているのですが、
なぜか見過ごされているという現状です。

hakuhoudameosi3

 

そのため、実は相撲観戦歴の長い降格かからは、
最多優勝記録を誇る白鵬関であるにもかかわらず、
あまり高い評価を受けてはいないのです。

白鵬関が汚い手を使う力士であるということは、
今回のダメ押し騒動で、
一般のファンにも知れ渡りつつありますので、
今後、白鵬関の立場がどのように変化していくのか。
その動向を見守りたいと思います。

スポンサーリンク

白鵬関のダメ押しのきっかけは?

さて、白鵬関がダメ押しをするようになったきっかけは何なのか。
そのヒントになるような取り組みが、
10年以上前の2004年の、追風海関との取り組みで
垣間見ることができます。

だめ押しは到底許される行為ではありませんが、
正直この一番を見ると、すんでのところで
勝利がするりと手から抜け落ちていくという表現がぴったりで、
相撲という競技の勝敗のあやが見て取れるというものですね。

     
スポンサーリンク