トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

正月公開「さらば あぶない刑事」前売り好調!!

   

30年前のヒットドラマが映画で最後の復活

1986年に刑事ドラマとして
絶大な人気を博した「あふない刑事」の
ファイナル映画「さらば あふない刑事」の
来年1月30日公開の前売りチケットが売れ行き好調のようです。

横浜・港警察署捜査課の刑事コンビ、鷹山敏樹(舘ひろし)タカと
大下勇次(柴田恭兵)ユージの破天荒な活躍を描くサスペンスアクションで
刑事ドラマとしては都会的なファッション性や、コメディ調の演出などを前面に出し、
スタイリッシュな台詞回しなどで足掛け30年に渡ってテレビシリーズ、
劇場映画など累計80作品以上が製作される人気シリーズ。

abudeka34

スポンサーリンク

あぶない刑事

出演者: 舘ひろし、柴田恭平、浅野温子、仲村トオル
放送期間: 1986年10月5日~1987年9月27日

プロデューサー: 初川則夫、福田慶治、伊地智啓
エンディング曲: 舘ひろし「冷たい太陽」

もっとあぶない刑事

放送期間: 1988年10月7日~1989年3月31日

プロデューサー: 初川則夫、伊地智啓、服部紹男
エンディング曲: 舘ひろし「翼を拡げて」

「さらば あぶない刑事」

abudeka2

 

キャスト
鷹山敏樹 – 舘ひろし
大下勇次 – 柴田恭兵
真山薫 – 浅野温子
町田透 – 仲村トオル
松村優子 – 木の実ナナ
深町新三 – 小林稔侍
夏海 – 菜々緒
キョウイチ・ガルシア – 吉川晃司

2005年劇場版以来10年ぶりの復活。
テレビドラマ開始から30年、最高視聴率は26.4%を記録し
映画製作では、同キャスト、同シリーズ物の刑事モノ映画の中では
「ダイハード」の6本を越え7本を記録する世界記録をもつ。

今回の制作のきっかけは2012年に発売されたDVDマガジンが
120万枚の大ヒットとなり、いまだに衰えないかっこよさの
タカとユージをもう一度見たいと制作側が思ったからのよう。

制作側もタカとユージの定年をどう迎えるかという疑問を
解消する映画を作るようで定年退職するのか?
殉職してしまうのか?見る側をドキドキさせます。

2人にとって最後の事件は、暴力団銀星会の残党を叩いたのが発端となり、
命を賭けた戦いの火蓋が切って落とされるもよう。

今回もキャスティングは おなじみの5人と
あぶない刑事最強の敵として、「下町ロケット」
名演技を見せている、キョウイチ・ガルシア役として吉川晃司さんを。

kikkawa
ヒロインの夏海役として菜々緒さんを起用する。

nanao

スポンサーリンク

2人の映画への言葉

abudeka4
舘さんは
「タカ・ユージと共に時代を駆け抜け“オトナ”になった皆さんと
スクリーンで再会できる日が今から楽しみです。
私、恭様、そしてオンコとトオル、4人のあぶない顔ぶれが
お茶目に軽やかに大興奮する最後のあぶない刑事をぜひご高覧ください」

柴田さんは
「大下勇次を演じるのはこれで本当に最後です」と宣言。
続けて「いつも通りジョークも添えてスクリーンで派手な
お別れパーティーを開きたいと思います。ご参加ください。
参加料は劇場窓口でお支払いください」

と今回こそ最後のタカとユージとの再会を期待して
最後のお別れパーティーを盛り上げに
ぜひ見に行きたい正月の映画となりそうです。

     
スポンサーリンク