トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

ドラマ・危篤スル―が面白い!!キャストは?

   

人生最後の幸せが絶望に

危篤状態になり人生最後の瞬間は
みんなに見送られて幸せに死に向かっていく。
そういうことが人生最後の理想。

しかし、このドラマは危篤状態の人がいるにもかかわらず
その人をそっちのけで様々な問題が起こっていく。
危篤の人をスルーする喜劇ドラマです。

kitokusuru-2

スポンサーリンク

危篤スル―

kitokusuru-4

出演
大森昭雄役ー生瀬勝久 大森総合病院院長で心臓発作で危篤状態。
大森令子役ー市毛良枝 院長夫人
大森俊哉役ー阿部力 院長の長男で医師
大森理子役ー植木夏十 院長の長女で会社を経営、真壁と婚約

鶴田拓実役ー緋田康人 昭雄の部下
真壁英樹役ー袴田吉彦 昭雄の愛弟子で長女理子と婚約
伊藤静香役ー中村静香 美人ナースで昭雄の愛人

危篤状態で耳だけ聞える状態で

大森総合病院の院長である昭雄が心臓発作で
倒れ危篤状態に。
そこへ、心配した妻や、部下の病院関係者などが集まり
危篤状態の昭雄をスル―して本音や本性を露呈していく。
昭雄は危篤状態ではあるが意識はあり、耳は聞こえているため
その話を聞きながら心の声で突っ込みを入れていくというドラマです。

kitokusuru-3

スポンサーリンク

副院長・鶴田が危篤の昭雄に「病院は私が継いで立派にしてみせますから」といきなり宣言し
昭雄の妻・麗子が驚いた様子で「この病院を継ぐのは俊哉ですよ?」
「フォローしてくださるんでしょ?」と昭雄を”危篤スルー”して跡目争いが勃発。

昭雄が行うはずだった会見の中止が、俊哉のミスで伝わっていなかったことが判明すると
「イイんだ、イイんだ」と優しく接する副院長ですが、
病室が昭雄・俊哉・副院長の3人だけになると、
突然、副院長の俊哉に対する態度が豹変。
「お前なんでこんな簡単な仕事ができねぇんだよ」
「足引っ張るんじゃねぇよ、クズ」
「僕はクズですって10回言おうか?」などと恫喝。
危篤の昭雄は「あんな奴だったのか」と副院長の本性を知ることに。

副院長・鶴田が昭雄の愛人である看護師・静香に好意を持っていることを知り、
「鶴田ザマァ見ろ。お前が好きな静香は俺のことが大好きなんだよ」と勝ち誇るが
自分にゾッコンなはずの静香が俊哉に
「この病院もこいつ(昭雄)も終わりです。駆け落ちしよう」と言われ
「俊哉タン…」と応え、昭雄は息子俊哉と二股をかけられていたことを知る。

副院長や、部下達に裏切られ自分の人生がいかにみじめのものだったかを知る昭雄。
危篤状態ではあるが絶望の淵に立たされた昭雄に
さらなる悲劇と残酷な現実が待ち受けている。

スル―されながらの昭雄に突っ込みが、絶妙の間で組み込まれ
生瀬さんならではの声とセリフ回しの軽快さが面白みを増しています。

     
スポンサーリンク