トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

「孤独のグルメ」が正月にスペシャルで放送!!松重さんが食らう!!

   

大人気孤独のグルメ

テレビでは芸能人の食レポでおいしさを伝えていますが
「孤独のグルメ」の主人公井之頭五郎さんは
料理のウンチクなどはまったくせず
ただただ料理をおいしくいただくき
心理描写とかねて表現している番組で

言いかえれば「おじさんがご飯をただ食べている」シーンを
ずっと見せられている番組です。
しかしこれが大人気!!
独特な言動やセリフが注目を集めている。

孤独のグルメプロフィール

kodokunogurume5

スポンサーリンク

原作: 久住昌之
作画: 谷口ジロー
出版社: 扶桑社
掲載誌: 月刊PANJA
発表期間: 1994年 – 1996年、2008年 –
巻数: 2巻
話数: 19話+特別編1話

個人で雑貨輸入業を営んでいる
井之頭五郎(いのがしらごろう)
が仕事の商談を済ませた後、商談先の場所で
フッと立ち寄るお店で食事をするドラマで

行った先での高級店とか
その土地のグルメを堪能とかではなく、
普通の一般大衆向けのお店がほとんどで
ほぼ東京を中心とした食事がメインとなる。
淡々とストーリーが流れていく。

井之頭五郎は仕事がら自由がきく貿易商で
結婚や店を構えることについては「人生が重たくなる」
という理由で敬遠する。

出戻りの姉と、その息子太(ふとし)がいて
太は高校球児。父親は他界している。

お酒は全く飲めなくて、愛煙家。

並んでまで食べたいとは思わず
いつも「食べたい時に食べる」がモットーで
雰囲気や目にとまったもので店を選ぶ傾向がある。

台湾、中国でも人気シリーズとなり
世界10カ国以上で出版されている。

テレビドラマ『孤独のグルメ』がヒット!!

テレビ東京系列で放送されている
『孤独のグルメ』はシーズン5まであり
出版された全話をはるかに超えている。

これは原作では書いていないお店を
スタッフ自ら探してきて
原作者の久住さんとドラマのための
台本を新しく作っているからで
番組の最後には久住さん自ら店を訪れている。

kodokunogurume4

井之頭五郎を演じるのは
松重豊さん

松重豊プロフィール

kodokunokgurume1

生年月日: 1963年1月19日
出身地: 福岡県
身長: 188cm
血液型: AB型
最終学歴: 明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)
活動期間: 1983年~
事務所: ザズウ

1983年に三谷幸喜さんが主宰していた
東京サンシャインボーイズに参加し
1986年には大学卒業と同時に蜷川幸雄が主宰する劇団
「蜷川スタジオ」に入団した。

1989年、蜷川スタジオを退団する。
その後はフリーとなるが
仕事がなかなか貰えず
一時は俳優を止めて建設会社の正社員として
現場作業員をしていた。

しかし、同じ蜷川スタジオにいた
俳優の勝村政信や所属事務所有限会社ザズウ社長の
松野恵美子に激励されて復帰。

2012年1月、『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演となり
シリーズ化されて有名となっていく。

西南学院高等学校卒業で先輩には
陣内孝則さんがいて、陣内さん監督の作品に出演。

後輩には鈴木浩介さんもいる。

スポンサーリンク

井之頭五郎を松重さんが演じることによて
本当に「美味しそうに食べている」ことが注目され
食べっぷりの良さ、表情の豊かさ、食べ物へのリスペクト、
心理描写がリアルに描かれていて淡々とした
ストーリーでもどこか人間性に引きこまれる
ドラマになっています。
放送時間が深夜帯だったため「夜食テロ」と呼ばれたことも。

kodokunogurume2

その大人気「孤独のグルメ」が
元日深夜スペシャルとして放送される。
舞台は北海道旭川での出張です。

さらにBSジャパンでは年末年始
「孤独のグルメ」「孤独のグルメシーズン2」と
一挙放送決定!!

おせちがおいしくなるのは間違いない!!

     
スポンサーリンク