トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

今話題のストラテジーゲームって?じっくり考えて遊びたい!「Army of Darkness Defense」「にゃんこ大戦争」「100万人の三國志」

   

スマホでは、たくさんのストラテジーゲームが出ています。
ストラテジーゲームとは、いわゆる戦略シミュレーションゲームのことですが、
その範囲はとても広く、カードゲームや
アクションゲームの要素があるストラテジーゲームもあります。
頭を使った陣取り合戦のようなものが
好きな人はストラテジーゲームがオススメです!

1 Army of Darkness Defense

Army of Darkness Defense1

Army of Darkness Defenseは、Backflip Studiosが
リリースしたリアルタイム戦術シミュレーションゲームです。

Army of Darkness Defenseは、画面の両端から多数の兵士が出てきて、
互いに自動で戦うゲームなのですが、
さらにその戦いの場に、プレイヤー自らが自分の城を守りながら、
定められた数の敵を倒すことで勝利するディフェンスゲームです。

Army of Darkness Defense2

スポンサーリンク

2 にゃんこ大戦争

にゃんこ大戦争1

にゃんこ大戦争は、PONOSが2012年にサービスを開始した
シミュレーション・ストラテジージャンルの
スマホゲームです。横スクロールタイプのゲームで、
タワーディフェンスゲームの要素も強いのが特徴。

名前から想像がつく通り、プレイヤーはコミカルな
キモかわにゃんこを育成して、育ったにゃんこ達で
敵の城を攻め落としていきます。このゲームは
もともとフィーチャーフォン用に
作られていたこともあって複雑な操作は不要で、
スマホのタッチ画面で簡単に操作できます。

ストラテジージャンルの割に、
熟考に熟考を重ねないとクリアできない、
というタイプのゲームではなく、
移動の合間などの隙間時間に進めることができるので、
ちょっとストラテジーゲームをやってみたい、
という人にはオススメです。

にゃんこ大戦争2

スポンサーリンク

3 100万人の三國志

100万人の三國志1

100万人の三國志は、コーエーテクモゲームスが2010年にリリースした、
ストラテジーゲームです。三国志を舞台にしたゲームを
数多くリリースしているコーエーらしく、
登場する武将は1000人以上!

有名どころのキャラクターはもれなく揃っています。
武将のタイプは、智将、猛将、将軍の3タイプに分かれていて、
陣営は、魏・呉・蜀・他勢力に分かれています。

このゲームは、あの名作「三國志」をベースにして作られていて、
三国志上有名なシーンや戦いも出てきます。

プレイヤーはクエストをこなして武将のを収集と育成を繰り返し、
他のプレイヤーの都市を攻め落として
乱世を平定するべく進軍していくことになります。

また、イベントでは他のプレイヤーと協力することも、
自分一人でプレイすることもできるので、
ストラテジーならではの、時間をかけて本腰を入れて遊ぶことも、
ちょっとした隙間時間に遊ぶこともできます。

ゲームを楽しむために必要なID等も、
GREE、dゲーム、コロプラから選ぶことができるので、
既に登録しているものがあれば、
余計な登録を増やすことなく始めることもできます。

100万人の三國志2

いかがでしたか?
いわゆるリアルタイム戦術シミュレーションゲームとしてしっかりと遊べる
Army of Darkness Defense、有名な三国志を舞台にした100万人の三國志、
ゆるい、キモかわキャラで日本全国を練り歩く
にゃんこ大戦争、ピンときたら、試しに遊んでみましょう。

     
スポンサーリンク