トランキーロな日常

世の中の出来事、事件事故や芸能人のホットな話題のトレンドを独断の切り口で書いていきます。

*

今年も全豪で猛暑、日本で大寒波、松岡修造の影響か?

   

ネットで噂の法則

matuoka3

熱い応援で見てる側にも選手にも
熱が伝わってくるキャスターの
松岡修造さん。

今年も起きた不思議な現象。
松岡修造さんと気温の関係。
松岡さんが行くところは気温が上昇し
いなくなると気温が下がる法則。
「太陽神説」松岡修造。

松岡修造プロフィール

matuoka1

スポンサーリンク

生年月日: 1967年11月6日
出身地: 東京都
身長: 188cm
体重: 85kg
利き手: 右
バックハンド: 両手

東宝第11代社長の松岡功さんと元宝塚歌劇団星組
男役のスターだった千波静さんとの間に3人姉弟の
次男として生まれる。

お爺さんは阪急電鉄や宝塚歌劇団など
阪急東宝グループの創設者、小林一三さん。

8歳からテニスを始め全国中学生
テニス選手権大会で優勝。

高校も慶應義塾高校に進むも
厳しい練習がしたいという思いから
福岡の柳川高校へ編入する。

3年時に世界的名コーチボブ・ブレッドさんに
誘われて休学をし単身渡米。

アメリカのツアーの下部組織で
本戦に進むために5週にわたって試合をを消化し
本戦に出場し結果を出す。

その後プロに転向し日本人では
九鬼潤さん以来12年ぶりの
年間トップ100位入りを果たす。

ATPシングル初タイトルを獲得したり
ダブルスで優勝し活躍。

ウィンブルドンでは
佐藤次郎さん以来62年ぶりのベスト8入りを果たす。

シングルスランキングでは最高46位を記録する。

matuoka4

引退後の指導者と活動

30歳で引退後後輩の指導をするために
「修造チャレンジ」というテニスアカデミーを
設立し、その卒業生に錦織圭選手がいる。

テニスだけでなくスポーツのキャスターとしても活躍し、
長野オリンピックや、ソルトレイク、アテネなどの
世界を回りレポーターなども務める。

世界水泳ではその熱血の応援スタイルが
海外のテレビ番組でも紹介されるくらい
選手を応援し世界中で注目を集める。

matuoka2

スポンサーリンク

「太陽神説」本当に気温が変わる。

今年の1月18日から日本が寒波に見舞われた。
そして、テニスの全豪オープンが行われている
オーストラリアは30度以上の猛暑となった。

ネットでは松岡修造さん探しが始まり
やはり日本を離れて取材のため
オーストラリアへ渡っていた。
matuoka6

偶然ではあるかもしれないが
このようなことが頻繁に起こっている。

「日本一熱い男 松岡修造さんが
海外に行くと日本がさむくなる。」

過去にも、ソチ五輪、パンパシフィック水泳選手権
フィギュアスケートなどで
修造さんが海外に行くと日本の気温が下がっていた。

matuoka5

本人にそのことを質問したときには
「天候によって辛い思いをされている人もいるので
コメントは控えさせていただきます。」
「僕が本気を出して天気が良くなるのなら、
いくらでも本気を出し続けますけど、
天候はコントロールできません」

と真面目に返答し報道陣もネットも
修造さんの人柄に称賛した。

今年はさらに去年からバカ売れしている
日めくりで修造さんの名言が書いてあり
元気をもらえるという「まいにち修造!」の
1月18日には「自我を捨てろ。雪ダルマになれ」
と奇跡の雪の予言まで披露した。

今後の松岡修造さんから目が離せません。

     
スポンサーリンク